game

CREATORS NEWS vol.301

2018/09/22

vs BULLSフットボールクラブ(2018/09/21)

レギュラーシーズン2018、第3節はBULLSフットボールクラブとの対戦。
約4,000人の大観衆の中、東京ドームにて試合が行われた。

第1Q、ブルズのキックオフで試合開始すると、クリエイターズ#28RB菅原がいきなり39ydのビッグリターンを見せる。
クリエイターズ最初の攻撃は#22RB尾花の連続ランで2プレイで1stダウンを獲得。
さらに#6QBイカイカから#9WR岩越への10ydパス、#27RBアンドレの11ydランで次々と1stダウンを更新していく。
そして#6QBイカイカからRBにハンドオフしたかと思われたが、そのまま#6イカイカがボールをキープして6ydのランでタッチダウン。【7-0】
ブルズ後半最初の攻撃はパス失敗が続きダウン更新できず4thダウンでパントとなる。
このパントでクリエイターズ#27RBアンドレが63ydリターンタッチダウンを決める。
さらにPATは#9WR岩越のランプレイで2点を追加。【15-0】
ブルズ2回目の攻撃はクリエイターズ#36DLリチャード、#96DL松田のロスタックルで2yd後退させる活躍があり、1ydも前進させずに4thダウンパントで攻守交代。
クリエイターズ2回目の攻撃は#27RBアンドレの8ydラン、#6QBイカイカから#5WR高岡への26ydパスなどで一気にレッドゾーンに突入。
最後は#27RBアンドレの14ydランでタッチダウン。【22-0】

第2Q、ブルズ3回目の攻撃はパスで1回1stダウンを更新される。
しかし、3プレイ目でクリエイターズ#33DB加藤がパスをインターセプトして攻守交代。
クリエイターズ3回目の攻撃はダウン更新できず、4thダウンギャンブル失敗で攻守交代。
ブルズ4回目の攻撃は#6から#29へ16yd、#11へ29ydのパスが決まり、2回1stダウンを更新される。
クリエイターズ#12LB安田の2回のロスタックルがあるものの、ブルズ攻撃の勢いを止めることができず、#6から#7へ右エンドゾーンギリギリいっぱいのパスが成功しタッチダウンを奪われる。【22-7】
タッチダウン後のブルズのキックオフで、クリエイターズ#28RB菅原が92ydのリターンタッチダウンを決める。【29-7】
ブルズ5回目の攻撃は3プレイ目でクリエイターズ#16LB福岡がパスをインターセプトして攻守交代。
ゴール前38yd地点から、クリエイターズ5回目の攻撃。
ラン攻撃が続くが、最後は#6QBイカイカがブルズDLにプレッシャーをかけられながらも投げたパスを#9WR岩越がエンドゾーン内でキャッチ。29ydパス成功でタッチダウンとなる。【36-7】
ブルズ6回目の攻撃は1回1stダウンを更新されるものの、以降はパス失敗が続く。
4thダウンギャンブルとなるが、このプレイでクリエイターズ#97DL大山がQBサックで14ydロスさせ、ギャンブル失敗で攻守交代。
続くクリエイターズの攻撃は#1QB中本から#84WR荻原への6ydパス、#27RBアンドレの12ydランなどで2回1stダウンを更新。
ゴール前10yd地点から#27RBアンドレの2回連続ランでタッチダウン。
わずか1分9秒で追加点を挙げた。【43-7】

第3Q、クリエイターズのキックオフで試合再開。
ブルズ後半最初の攻撃はラン攻撃が続き1回stダウンを更新されるが、以降は攻撃が続かず4thダウンパントで攻守交代。
クリエイターズ後半最初の攻撃は#28RB菅原の9ydラン、#22RB尾花の11ydラン、#8QB徳島の11ydランでコンスタントに前進。
さらに#1QB中本から#87TE原への23ydパス、#81WR池田への4ydパスが成功。
そして#22RB尾花の1ydランでタッチダウン。【50-7】
クリエイターズは7分間もの長い時間を使ってじっくり81ydドライブした。

第4Q、ブルズ後半2回目の攻撃は1プレイ目で#1の25ydランで一気に前進。
さらに#6の14ydランもあり、2回1stダウンを更新。
その後、クリエイターズ#15LB塚本のロスタックルなどの活躍があり、4thダウンでフィールドゴールトライとなる。
ブルズの42ydキックは不成功となり追加点ならず。【50-7】
クリエイターズ後半2回目の攻撃は#37RB萩野谷の13ydラン、#1QB中本から#87TE原への9ydパス、#25RB千代田の6ydランで2回1stダウンを更新。
さらに#8QB徳島の9ydラン、#28RB菅原の14ydランで一気にゴール前まで攻め込み、最後は#22RB尾花の9ydランでタッチダウン。
PATはベテランキッカーの#49K一木が満を持して登場。
安定したキックで1点を追加した。【57-7】
ブルズ後半3回目の攻撃はスリー&アウト。
クリエイターズ後半3回目の攻撃は#25RB千代田の6ydラン、#1QB中本から#83TE鈴木へ5yd、#81WR池田へ12yd、#87TE原へ12ydパスが成功するなどで3回1stダウンを更新。
#8QB徳島の37ydランでゴール前3ydまで迫るがあと一歩タッチダウンには及ばず。しかしロングランの勢いそのままに#1QB中本から#39TE上野への3ydパスが成功しタッチダウン。【64-7】
#39上野は入部3年目、度重なる怪我やポジション変更を経て、これが社会人初タッチダウンとなった。
クリエイターズのキックオフで試合再開し、数回バウンドしたボールをブルズリターナーがキャッチし損ねる。
転がっているボールをリターナーと奪い合う形となるが、クリエイターズ#31DB菅野が確保。
思わぬ形でオンサイドキック成功となり再び攻撃権を得る。
クリエイターズ後半4回目の攻撃は#1QB中本から#34WR山田へ5ydパスが成功するものの、以降は攻撃が続かずに4thダウンでフィールドゴールトライを選択。
#49K一木の25ydキック成功で【67-7】となる。
試合時間残り1分24秒。
ブルズ最後の攻撃は2プレイ目でクリエイターズ#33DB加藤がこの日2本目となるパスインターセプトを決めて攻守交代。
最後はクリエイターズのニーダウンで試合終了となった。
ファイナルスコア【67-7】とクリエイターズ史上類を見ない大量得点かつ大差での勝利となった。

【write : meg】


 

latest_report