game

CREATORS NEWS vol.261

2016/09/10

vsブルザイズ東京(2016/9/10
 
秋季リーグ戦第2節は今シーズンよりXリーグに再昇格したブルザイズ東京との対戦。
残暑厳しい富士通スタジアム川崎で行われた。
 
第1Q、クリエイターズのキックオフで試合開始。
ブルザイズ最初の攻撃は1stダウン更新を許さず、4thダウンパントで攻守交代。
クリエイターズ最初の攻撃は4thダウン残り4ydからのギャンブルで#8QB徳島の31ydランが決まりタッチダウン。【7-0】と先制する。
ブルザイズ2回目の攻撃は#13の44ydランで一気にゴール前5ydまで攻め込まれる。
しかし、続く4回のラン攻撃をクリエイターズディフェンスがすべて止め攻守交代。
クリエイターズ2回目の攻撃は#8QB徳島の22ydランで1stダウンを更新するが、連続して反則による罰退があり、以降はダウン更新できず4thダウンパントで攻守交代。
 
第2Q、ブルザイズ3回目の攻撃ではラン攻撃でずるずる前進され、7プレイ目で#17の7ydランでタッチダウンを奪われる。【7-7
続くクリエイターズの攻撃は#18RB静谷の25ydラン、#22RB尾花の15ydランなどロングゲインが続く。
そして#8QB徳島から#83TE鈴木への2ydパスでタッチダウン。【14-7
ブルザイズ4回目の攻撃は#21の11ydラン、#15の20ydラン、さらにクリエイターズの反則による罰退で一気に前進される。
そして#13の24ydランでタッチダウン。PATキックは不成功で【14-13】となる。
クリエイターズ4回目の攻撃は1プレイ目で#22RB尾花の力強いランで52ydゲイン。
さらに#37RB萩野谷の6ydラン、#1QB中本の7ydランでレッドゾーンへ突入。
最後は#8QB徳島の12ydランでタッチダウン。【21-13
続くブルザイズの攻撃では3プレイ目でクリエイターズ#41DB権代がパスをインターセプトして攻守交代。
前半を【21-13】で終える。
 
第3Q、ブルザイズのキックオフで試合再開。
クリエイターズ後半1回目の攻撃は#8QB徳島から#22RB尾花への16ydパス、#81WR黒田への15ydパス、#14QB室田の8ydランなどで1stダウンを2回更新。
次のプレイでパスによるタッチダウン獲得かと思われたが、残念ながら反則によって無効となる。
しかし、その後も勢いは衰えず、#18RB静谷の11ydラン、#14QB室田から#13WR笠原への31ydパスでタッチダウン。【28-13
ブルザイズ後半2回目の攻撃は自陣9yd地点からとなる。
2回のランプレイで1ydも前進させず、さらにブルザイズの反則による罰退もあり4thダウンパントとなる。
このパントで蹴られたボールをクリエイターズ#15LB塚本がブロックし、ボールがエンドゾーン内へ転がったところを#43DB杉山がボールをおさえてタッチダウンとなる。【35-13
 
第4Q、ブルザイズ後半4回目の攻撃で2プレイ目にクリエイターズ#43DB杉山がパスをインターセプトして攻守交代。
クリエイターズ後半4回目の攻撃。
#22RB尾花の7ydラン、#8QB徳島から#18RB静谷への7ydラン、#1QB中本から#83TE鈴木へ18ydランなどで3回1stダウンを更新。
ゴール前7ydまで攻め込むがあと一歩攻めきれず4thダウン残り5ydでギャンブルを選択。
この日2回タッチダウンを獲得している#8QB徳島のランでタッチダウンを目指すがあと2yd及ばず攻守交代。
続くブルザイズの攻撃は5プレイ目で#13がボールをファンブル。
こぼれたボールをクリエイターズ#99DL稲岡がおさえ攻守交代。
クリエイターズはゴール前26ydからの攻撃となる。
#14QB室田から#88WR岩越への19ydパスが成功し1stダウンを更新。
そして3プレイ目で#37RB萩野谷のランでタッチダウン。【41-13
#37RB萩野谷は社会人初タッチダウンとなった。
キックオフ後、ブルザイズ後半6回目の攻撃となるが1プレイ目でクリエイターズ#24DB清水がパスをインターセプトし、さらに31ydリターンして攻守交代。
最後はクリエイターズオフェンスのニーダウンで時間を消化して試合終了。
ファイナルスコア【41-13】で開幕2連勝を飾った。
 
 
write : meg

latest_report