game

CREATORS NEWS vol.225

2014/09/18

vsIBMビッグブルー(2014.09.17

 

リーグ戦2試合目は東京ドームにてIBMビッグブルーとの対戦。

 

第1Q、クリエイターズのキックオフで試合開始。

ビッグブルー最初の攻撃は3プレイ目でクリエイターズ#13DB細野がパスをインターセプトし攻守交代。

クリエイターズ最初の攻撃はゴール前17ydからとなる。

開始早々に訪れた絶好のチャンスをものにしたいところであったが、ビッグブルーの強いディフェンスに阻まれる。

3回のプレイで1ydも進めないまま、4thダウンでフィールドゴールトライ。

このキックがビッグブルー#5にブロックされてしまい失敗に終わる。【0-0

ビッグブルー2回目の攻撃は#3から#84へ11ydパス、#81へ35ydパスが成功しタッチダウン。【0-7

クリエイターズ2回目の攻撃は#8QB徳島の12ydランでファーストダウンを更新するが敵陣に入ることができず4thダウンパントで攻守交代。

ビッグブルー3回目の攻撃は93ydドライブされ、最後は#10の2ydランでタッチダウンとなる。【0-14

クリエイターズ3回目の攻撃は#8QB徳島から#1WR佐藤へ7ydパス、#14QB室田の5ydラン、#8QB徳島の8ydランなどで毎プレイ前進。

このまま攻撃が続くかと思われたが、ビッグブルー#1にパスをインターセプトされてしまう。ターンオーバーで攻守交代となる。

 

第2Q、ビッグブルーの#26の2ydラン、#81の59ydパントリターン、#3から#84への39ydパスと4分間で3本のタッチダウンを奪われる。【0-35

前半残り6分。ビッグブルーの攻撃は10yd以上のパス成功が続き、5回ファーストダウンを更新される。

ゴール前3ydまで攻め込まれるが、クリエイターズディフェンス陣がなんとか踏ん張り4thダウンはフィールドゴールトライとなる。

20ydキックが成功し【0-38】となる。

次のクリエイターズの攻撃はスリー&アウトとなる。

続くビッグブルーの攻撃は引き続きパス中心でコンスタントに前進していく。

ゴール前4ydまで攻め込まれるが、2ndダウンでクリエイターズ#33DB平野がパスカットを決める。さらに3rdダウンでもパス失敗となり、4thダウンはフィールドゴールトライ。

21ydキックが成功し【0-41】となる。

 

第3Q、ビッグブルーのキックオフで試合再開。

クリエイターズ後半最初の攻撃はQBサックに合うなど前進できないままスリー&アウト。

ビッグブルー後半最初の攻撃は#10の連続4回のランで一気に45yd前進。

最後は#3から#40へ14ydパスでタッチダウン。【0-48

クリエイターズ後半2回目の攻撃はまたしてもQBサックに合い、大きく後退してスリー&アウト。

ビッグブルー後半2回目の攻撃は2プレイ目で#26の70ydランでタッチダウン。【0-55

クリエイターズ後半3回目の攻撃は#22RB尾花の6ydラン、#8QB徳島の3連続ランで2回ファーストダウンを更新。この試合初めて敵陣に入る。

#14QB室田から#18WR中島へ9ydパス、#8QB徳島の10ydランが決まる。

しかし、またしてもQBサックに合う。ここで第3Q終了となる。

 

第4Q、クリエイターズはゴール前32ydで4thダウン。

フィールドゴールトライを選択するが、#4K飯島の49ydフィールドゴールは左に逸れてしまい失敗。【0-48

ビッグブルー後半3回目の攻撃は2プレイ目でクリエイターズ#9DL金子と#13LB新井のQBサックで5ydロスさせる。

しかし攻撃は止まらず最後は#10の2ydランでタッチダウン。【0-62

クリエイターズ後半4回目の攻撃は#18QB中本から#81WR中島へ5ydパス、#80WR平井へ7ydパスが成功。しかし、次のプレイでボールをファンブルしてしまい攻守交代。

ビッグブルーの攻撃は#30の1ydランでタッチダウン。【0-69

試合時間残り4分。

ビッグブルーのキックオフでクリエイターズ#22RB尾花が31ydのビッグリターンをみせる。

クリエイターズ後半5回目の攻撃は自陣44ydからとなる。

2プレイ目で#18QB中本から#44TE吉島へのパスが成功。#44吉島がパスキャッチした地点からさらにビッグブルーディフェンス3人をかわして40yd走り切りタッチダウンとなる。【7-69

試合時間残り1分21秒。

クリエイターズの攻撃。最後の得点チャンスとなる。

#18QB中本から#2WR鈴木へ16ydパス、#44TE吉島へ9ydパス、#82WR中村へ7ydパスが成功。

ゴールまで残り24ydとなるが、ここでQBサックされてしまい4ydロス。

さらにラン攻撃のため時計が動き続け、そのままタイムアップとなる。

ファイナルスコア【7-69】で大敗を喫した。

 

大敗の試合となったにも関わらず、試合終了までたくさんのご声援をいただきありがとうございました。

東京ガスグループの皆様をはじめ、たくさんのお客様が応援してくださいました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。

最後まで温かいご声援ありがとうございました。

皆様のご声援が選手達の力となります。

これからも応援よろしくお願い致します。

 

 

write : meg

latest_report