game

CREATORS NEWS Vol.164

2011/05/07

VSオービックシーガルズ(2011.05.07)
 
東日本大震災の影響で例年より遅れての開幕となった2011年交流戦。クリエイターズの初戦は昨年度日本一に輝いたオービックシーガルズとの対戦となった。
 
第1Q、試合前から小雨が降り続ける中、シーガルズのキックオフで試合開始。クリエイターズ最初の攻撃は#5RB櫻井の8ydラン、さらに#14QB室田から#84TE清宮(新人)へ3ydパスが成功しファーストダウンを更新。その後も#14QB室田から#82WR中村へ12ydパスが成功するなどで2回ファーストダウンを更新する。4thダウン残り1ydとなり、フィールドゴールトライ。#98K飯島(新人)の38ydキックはゴールポスト左に逸れてしまい、先制点ならず攻守交代。
シーガルズ最初の攻撃は#6から#85への12ydパスがあったものの、クリエイターズ#4LB矢口(新人)がロスタックルを決めるなどで前進を許さずに4thダウンでパントとなる。
 
第2Q、シーガルズの攻撃で#35の12ydラン、#6から#85への40ydパス、#20の24ydランで次々にファーストダウンを更新。最後はなんとか前進を許さず、4thダウンでフィールドゴールトライ。#1の32ydキックが成功し【0-3】となる。
クリエイターズの攻撃はスリー&アウトとなるが、次のシーガルズの攻撃で#6が投げたパスをクリエイターズ#23DB小野澤がインターセプトを決め攻守交代となる。しかしクリエイターズはこのチャンスを生かすことができずまたしてもスリー&アウト。
前半残り4分。シーガルズの4thダウンパントでスナップされたボールを#25がキャッチしそこね、そこをクリエイターズがすかさずタックルし、敵陣ゴール前27ydで攻守交代の絶好のチャンスを作る。クリエイターズは#14QB室田から#82WR中村へのパスなどで前進するが、シーガルズの強い守備に阻まれ、レッドゾーンに入れず4thダウンでフィールドゴールトライ。#98K飯島(新人)の31ydキックはきれいに決まり【3-3】と同点に追いつく。
クリエイターズのキックオフで試合再開したが、シーガルズ#83のリターンを止められず、91ydのキックオフリターンタッチダウンを奪われ【3-10】と再び点差を開かれてしまう。さらに第2Q残り30秒でシーガルズ#5にパスをインターセプトされてしまい、70ydタッチダウンを奪われ、【3-17】で前半終了。

第3Q、キックオフでシーガルズ#14に81ydリターンタッチダウン、続くクリエイターズ攻撃の1プレイ目でシーガルズ#5にパスをインターセプトされ、15ydのリターンタッチダウンで、【3-31】となる。後半開始早々に2本もタッチダウンを奪われてしまった。
この悪い流れをクリエイターズ#1WR佐藤(新人)が19ydのキックオフリターンでなんとか食い止める。クリエイターズの攻撃は#14QB室田から#22WR藤縄へ8ydパス、#32RB小島の12ydランでやっと攻撃がつながり始める。そして#98K飯島(新人)の47フィールドゴールが成功し【6-31】と追加点を挙げる。
シーガルズの攻撃は#6から#28への19ydパス、#6の26ydランなどで一気にゴール前へ。最後は#35の2ydランでタッチダウンされ【6-38】となる。
 
第4Q、クリエイターズの攻撃は#32RB小島の12ydラン、#7RB片山の20ydランでレッドゾーンへ。そして#14QB室田がエンドゾーン内右奥へ投げたパスを#44TE吉島がしっかりキャッチし今シーズン初タッチダウン。【10-38】となる。試合時間残り3分、シーガルズ#21の1ydランでタッチダウンされ【10-45】となる。
最後になんとか追加点を挙げたいクリエイターズの攻撃は#14QB室田から#1WR佐藤(新人)へ18ydパス、#19WR粂井へ11ydパスが続けて決まる。さらに#21RB鈴木、#32RB小島のランでファーストダウンを更新していく。試合時間残り15秒ほどとなり、#14QB室田から#89TE門脇へ13ydパスが通り、レッドゾーンへ突入。そして#14QB室田の7ydランでタッチダウン。【20-45】と追加点をあげたが、ここで試合終了となる。2011年シーズン初戦は黒星スタートとなった。
 
シーガルズは本拠地であるグランドが東日本大震災の影響で液状化してしまい、なかなか練習再開できなかったとのことであるが、昨年秋の対戦では【3-55】と大きく点差をつけられてしまっていたチームであったことを振り返ると、まだまだ反省点は多くあるものの、昨年の対戦に比べれば少し前進が見られる試合となったのではないか。
 
【write : meg】 

latest_report