game

CREATORS NEWS Vol.143

2009/11/16

vs ハリケーンズ(2009.11.14)

 

朝からの雨と強風の中川崎球場にてハリケーンズと対戦したセカンドステージ最終節。

第1Q、クリエイターズのキックオフで試合開始。ハリケーンズ最初の攻撃ではビッグゲインはないもののずるずると前進されてしまう。レッドゾーン突入されるもなんとか守り切り4thダウン残り7ydでフィールドゴールトライとなる。このキックが失敗となり【0-0】のまま攻守交代。

クリエイターズ最初の攻撃は#11QB木村から#22WR藤縄へ19ydパスが成功。さらに#7RB片山の18ydランで大きく前進する。そして#14QB室田の連続ランで攻め続け、3回目の攻撃で5ydランでタッチダウンを決める。【7-0】と先制点を挙げた。

第2Q、ハリケーンズの攻撃は#9から#39への15ydパス、#20への12ydパスでファーストダウンを更新される。そのままクリエイターズ陣に入り込まれるが#9から#39へのパス成功後、クリエイターズディフェンスの強いプレッシャーからか#39がボールをファンブルする。このボールをクリエイターズ高千穂3兄弟長男の#56DL高橋がリカバーし攻守交代となる。絶好のフィールドポジションからクリエイターズの攻撃。#20RB後田のランで9yd獲得。さらに#11QB木村から#82WR中村へ31ydパスでタッチダウンを奪い【14-0】とする。

前半残り7分、クリエイターズはランで次々にファーストダウンを更新していく。#11QB木村9ydラン、#15RB吉川16ydランでロングゲイン。

しかしながらあと一歩攻めきれず最後はパントとなり攻守交代。次の攻撃は両チームともにスリー&アウトとなる。【14-0】とクリエイターズリードのまま前半終了となる。

  

雨も上がり、晴れ間も見えてきた第3Q、ハリケーンズのキックオフで試合再開。

クリエイターズの攻撃はランでショートヤードを稼ぐものの、#14QB室田がハリケーンズ#56のQBサックに合ってしまい5ydロス。4thダウンでパントとなり攻守交代。

ハリケーンズの攻撃は#9から#14、e39へのパスでファーストダウンを更新。さらにパス攻撃が続いたが、#9が投げた20yd近いパスをクリエイターズ#17DB片岡がパスインターセプト。そのまま37ydリターンし攻守交代となる。攻守ともに良いプレイが出続け、良いリズムとなってきていたが、ここで#15RB吉川がランで11ydゲインするものの痛恨のファンブル。このボールをハリケーンズ#90に奪われ攻守交代となる。

ハリケーンズの攻撃は連続したパス攻撃となった。さらにクリエイターズディフェンスがパスキャッチしようとしたレシーバーに不正な体当たりをしてしまいパスインターフェアランスの反則をとられる。レッドゾーンへ突入されるもクリエイターズディフェンスが4thダウンギャンブルまでしっかり守り切り攻守交代となる。クリエイターズの攻撃はやや勢いが衰えたのかスリー&アウト。逆に好調なクリエイターズ守備はハリケーンズの4thダウンギャンブルの攻撃で、高千穂3兄弟の次男、#57DL平間がQBサックを決め攻守交代となる。

クリエイターズ攻撃は#20RB後田の17ydランでファーストダウンを獲得。

 第4Q、クリエイターズの攻撃が続く。#14QB室田の11ydランなどでレッドゾーンに突入すると、最後は#7RB片山の14ydランでタッチダウン。【21-0】とリードを広げる。

ハリケーンズの攻撃はやはり連続パス攻撃。#9から#8へのパスで一度ファーストダウンを更新されるものの、パス失敗が多くなっていた。4thダウンギャンブルではクリエイターズ#93副将DL堀田がQBサックを決め攻守交代。クリエイターズは#21RB鈴木が11yd、53ydランに成功。これ以上追加点を許せないとばかりに気合の入ったハリケーンズのディフェンスに阻まれ、その後は攻撃がつながらず、フィールドゴールトライとなる。一度はキック成功に見えたが、このプレイの間に反則を犯してしまい、10yd下がって蹴り直しとなった。2本目のキックは不成功に終わり、点差変わらず【21-0】で攻守交代となる。

ハリケーンズの攻撃は#9から#21へ11yd、#8へ16ydパスが成功しファーストダウンを2回更新する。ハーフラインから4thダウンギャンブルを試みるもこれは失敗となり攻守交代。クリエイターズの攻撃は今度は#2WR鈴木が15yd、11ydのランに成功。4thダウンで7ydを残しフィールドゴールトライとなる。#85K鈴木のキックは成功し【24-0】となる。

試合時間残り1分30秒。

このまま完封勝利を収めたいクリエイターズだったが、#9からのパスが次々と成功。ゴール前2ydからの攻撃で#9から#8へのパスが成功しタッチダウンを奪われる。PATは2ポイントを狙うが#9のランは失敗となり【24-6】となる。

最後の最後まで攻め続けたいクリエイターズの攻撃は残りのタイムアウトを駆使し、うまく時間を使いながら攻めていく。残り時間ギリギリで三度フィールドゴールトライ。41ydと長めのキックは残念ながら失敗に終わりそのまま試合終了となる。

ファイナルスコア【24-6】でクリエイターズが待望の1勝を収めた。

 

write : meg

latest_report