• トップ
  • TOPICS
  • ドナルド・マクドナルド・ハウス 東大ハウス訪問!

topics

ドナルド・マクドナルド・ハウス 東大ハウス訪問!

2014/04/15

クリエイターズでは2013年春から「ドナルド・マクドナルド・ハウス」チャリティーを行っています。
(公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン:http://www.dmhcj.or.jp/
今回はチームとして初めてドナルド・マクドナルド・ハウス 東大ハウスへ訪問してきました。
訪問した時の様子を#52LB河西翔太選手よりご報告させていただきます。

 

       

4月13日に選手、チアリーダー総勢40名程でドナルド・マクドナルド・ハウス 東大ハウスへ訪問してきました。
201404152319_1-150x0.jpg 201404152319_2-150x0.jpg
まず初めに、ドナルド・マクドナルド・ハウス 東大ハウス(以下、DMH)スタッフの方と挨拶を行いました。
その際、今回訪問したメンバーが感染症にかかっていないかどうかの確認をされました。
これは病気の子どもたちに感染症をうつすことを防ぐための大切な確認です。

その後、今回訪問したメンバーが持参した支援物資をスタッフの方に渡しました。
スタッフの方はとても喜んでくださり、小さいことかもしれませんが「私達でもできる支援があるのだ」ということを実感できました。

201404152257_1-150x0.jpg

そして、40名を3チームに分け、順番にDMHの説明を受けたり、施設内の見学等をさせていただきました。
私達のグループは初めに「DMHとは何か」を知るためのDVDを拝見しました。

201404152257_2-300x0.jpg
実際に難病を患っている子どもをもつお母さんのお話が流れ、病気と闘う子ども達とその家族にとって、この施設がどれだけ重要な場所かを知るとともに、まだまだ施設の数や支援が足りていないことを知りました。

次に施設内の見学をさせていただきました。
廊下には西武ライオンズの中村剛也選手、読売ジャイアンツの高橋由伸選手が訪れた時の写真やプレゼントされたユニフォーム、バットが飾られていました。

201404152257_3-150x0.jpg
他にも有名な方や企業、スポーツチームが支援、ボランティアを行ったときの記録が数多く飾られていました。

2階には子どもと家族が滞在できる部屋がありました。
部屋の前にはミッフィーの作者が描いたという可愛らしい動物の絵があり、各部屋の目印になっていました。

201404152257_4-150x0.jpg 201404152257_5-150x0.jpg
部屋はホテルのように広く、とても綺麗でしたがテレビはありません。
テレビはリビングのみに設置してあります。
リビングに設置することで同じ境遇の家族が集まり、コミュニケーションをとることができ、孤独を感じさせないようにしているとのことです。

また、この施設は有名なデザイナーさんが設計したそうです。
もともとあった自然を生かせるようにとベランダが広くなっていました。
子どもの看病の合間に自然を感じてリラックスできるようにと考えられたそうで、とても居心地のよい空間になっていました。

施設内の備品(洗剤などの消耗品含め)もDMHをサポートしている企業などからの寄付品を使用しているそうです。
(サポーターリスト:
http://www.dmhcj.or.jp/support/supporterlist.html

たくさんの支援、ボランティアを受けているように思いましたが、まだまだ足りていないとスタッフの方が仰っていました。
DMHの認知度は日本ではまだまだ低いそうです。
実際に私もこの機会を得るまで知りませんでした。

アメリカでは90%の方がDMHの存在を知り数多くの支援、募金が行われているそうです。
スタッフの方は日本でも募金を増やして、ハウスを増やすことが自分たちの使命であると仰っていました。
また、「太く短い募金・ボランティア」ではなく、「細くてもいいので、長い付き合いをしてもらえること」を心から願っているとのことでした。

日本での理解、認知度を高めるにはまだまだ時間がかかると思います。
しかし、私たちでも何らかの支援・ボランティアができるということを今回の訪問で実感できました。
私たちだけで行う単発の支援だけではなく、試合会場でもできる方法(募金箱を設置したり、DMHの説明をするチラシを配布する等)で応援してくださる皆さんにもDMHのこと知っていただく機会を作っていきたいと思います。
私たちクリエイターズがアメリカンフットボールを通じてできる支援をこれからも継続して行っていきます。

最後になりますが、東大ハウスの弘中様、お忙しい中お時間をいただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
201404152319_3-300x0.jpg



【write : meg】