• トップ
  • TOPICS
  • 東北学院大学でクリニックを開催しました。

topics

東北学院大学でクリニックを開催しました。

2013/09/05

8月31日に東北学院大学にてクリニックを開催しました。
試合前日ということもあり、今回のクリニックはカートHC、黒沢監督をはじめとするコーチ7名で実施しました。201309051358_1-300x0.jpg

東北学院大学の選手の皆さんは、全員で黙祷をしてから練習開始していました。201309051358_2-300x0.jpg

クリエイターズコーチ陣の話に熱心に耳を傾ける選手達。
201309051358_3-300x0.jpg
(沢柳コーチとディフェンスの選手達)

201309051358_4-300x0.jpg
(田コーチとQBの選手)

201309051358_5-300x0.jpg
(石田コーチとDLの選手達)

201309062200_1-300x0.jpg
(角谷コーチとDBの選手達)

201309051358_6-300x0.jpg
(カートHCとラインの選手達)

2時間半の練習でしたが、選手達は瞬く間に技術を習得していました。
特にQBの選手達の成長は素晴らしかったです。
投げたボールの軌道がまったく違うものになっていました。

最後に黒沢監督より選手の皆さんにチームグッズをプレゼントをしました。
201309051358_7-300x0.jpg
201309051358_8-300x0.jpg

練習後は全員で記念撮影です。
201309051358_9-300x0.jpg

全体練習が終わった後も、選手達が個別に質問に来てくれていました。
グランドの使用時間ギリギリいっぱいまでたくさん話をしていました。
201309051358_10-300x0.jpg
(田コーチとQBユニット)

東北学院大学の皆さん、練習に参加させていただきありがとうござました。
また、試合の応援にもお越しいただきありがとうございました。
201309051358_11-300x0.jpg
不甲斐ない結果となってしまいましたが、また機会がありましたら応援にきてください。


東北学院大学は仙台駅から車で30分ほどの場所にありました。
道中で震災当時のお話を伺いました。
今では復興が進み、街並みはきれいになっていましたが、震災当時は家の2階部分に車が刺さっていたなどのお話を伺いました。
震災の被害についてはTVなどで見ていたものの、実際にその場所に立ち、当時の話を伺うことでさらに被害の大きさを感じました。
震災から2年半、まだまだ元の生活に戻るには時間がかかるようでした。
私たちにできることは少ないかもしれませんが、フットボールを通じて何かできることを考えていきたいと思います。


【wirte : meg】