topics

2012年シーズン表彰者

2012/12/18

12月16日に行われた納会にて2012年シーズン表彰選手の発表がありました。
各賞の受賞者は下記の通りです。
受賞理由とともにご報告いたします。

〇ベストオフェンス賞(#75OL井ノ部選手)
1年間を通して真剣に練習、トレーニングに取り組み、試合ではブラインドサイドを(ほぼ)守りきりクリエイターズオフェンスの原動力となりました。
201212182021_1-170x0.jpg 201212182021_2-300x0.jpg
(右:新人選手#64OL則武選手がお祝いに乱入!)


〇ベストディフェンス賞(#13DB細野選手)
秋季リーグ戦において、インターセプト4回、パスカット3回、1stステージインターセプト数はセントラル1位!
ターンオーバーは、ゲームの流れを変えるdefenseのビッグplay!
今シーズン最高のチーム成績を残せたことに大きく貢献しました。
201212182021_3-300x0.jpg 201212182021_4-170x0.jpg

〇ベストキッキング賞(#1WR佐藤選手)
トレーニングの成果からか、元気な若手の加入によるプレッシャーからか、今年は「体の切れ、スピード」が増し、キックカバーにおいてはスピードあるバスターを務め、パントリターナーにおいては、リターンタッチダウンするなど、個人技としてもチームに大きく貢献しました。
201212182021_5-300x0.jpg


〇ベストルーキー賞(#86WR岩越選手)
入部1年目の春シーズン、社会人のスピートとパワーに戸惑ったものの、夏場に激しいトレーニングを積上げ、playの理解度も向上、秋シーズンには堂々スターターの座を獲得。
パスも投げられるその能力を持ってプレーの幅を広げ、offenseに留まらずキッキングでも魂のこもったタックルでチームを鼓舞しました。
201212182021_6-300x0-250x0.jpg 201212182021_7-300x0.jpg


〇監督賞(#34DB安中選手)
プレイヤーとしてだけではなく、練習ビデオや対戦相手のスカウティングビデオなどを時間と手間をかけて編集。
今期よりyou tubeのチーム内共用スキームを提案、実施したことは、チームの成績に大きく貢献したと言えます。
来期は選手としての益々の活躍を期待します。
201212182021_8-300x0-250x0.jpg 201212182021_9-300x0.jpg

〇部長賞(甘利チーム審判)
我々が今期Xリーグで活動出来ているその裏側には、多くの人々の力によって支えられているということを忘れてはいけません。
クリエイターズを支えるチーム審判として、甘利さんと貞末さんのお二人がいます。
試合中のジャッジに対し、サイドラインで毎試合的確なアドバイスをしてくれています。
中でも、長年に渡りチーム審判として活躍いただいており、協会の中でもその名を知らない人はいないほどの有名人です。
201212182021_10-300x0-250x0.jpg 201212182021_11-300x0.jpg 

〇MVP(#17RB古川選手)
1stステージ50キャリー325yds、3TD、最長65ydsで見事、 セントラルのリーディングラッシャー。
ハードヒットを恐れることなく、気迫とスピードあふれるラッシュはチームを鼓舞し、相手の脅威となり、クリエイターズファンの目にもすっかり定着しました。初の2年連続MVP受賞!
201212182021_12-135x0.jpg 201212182021_13-300x0.jpg

201212182021_14-300x0.jpg 201212182021_15-170x0.jpg
(当日は#17古川選手が欠席したため、昨年の再現のように#25WR田尻選手が代理受賞してくれました!)

受賞者の皆様おめでとうございます。
201212182024_1-300x0.jpg


 

【write : meg】