CREATORS 30th Anniversary

<<前へ
rss

創部30周年のシーズンを迎えるにあたって~現役主将よりご挨拶~

[30th Anniversary Project] 投稿日時:2015/08/29(土) 07:00

いよいよ明日、8月30日からリーグ戦が始まります。
クリエイターズ創部30周年のシーズンを迎えるにあたり、現役主将よりご挨拶させていただきます。

第17代主将:#8QB徳島秀一選手
皆様こんにちは!いつもクリエイターズを応援いただきありがとうございます!
今シーズンの主将を務めます、クォーターバック背番号8、德島秀一と申します。
今年はチームスローガンとして、「一流」を掲げました。
日本のアメリカンフットボールのトップ、「一流」リーグであるXリーグに所属するチームとしてふさわしいプレー・姿勢を見せ、自信に満ち溢れた組織にしたいという思いでこのスローガンにしました。
また今年はクリエイターズ創部30周年を迎えます。
このアニバーサリーイヤーにふさわしい、素晴らしい結果を残すべく、日々精進していきます。
そして今シーズン、私自身がフィールドで大暴れし、ビッグプレーを起こし、チームを勝利に導きます。
是非スタジアムに足を運んでいただき、クリエイターズに、背番号8に、熱い声援を送ってください!
ファンの皆様の応援が、力の源になります!よろしくお願いします!
201508252229_1-200x0.jpg 201508252229_2-200x0.jpg

第17代主将:#12LB安田晃平選手
いつも東京ガスクリエイターズを応援してくださりありがとうございます。
今シーズン主将を務めます、ラインバッカー背番号12、安田晃平です。
今年は主将が2人と一風変わった編成となりましたが、お互いオフェンスリーダー•ディフェンスリーダーいう立場からチームをより強くするようコミュニケーションを取りながら、日々取り組んでおります。
またチームスローガンである「一流」を体現するために、練習から細かく「一流」の取り組みを意識し、東京ガスクリエイターズとして周りから賞賛されるよう「一流」に相応しいプレーを見せ、今年は昨シーズンよりも良い結果を目指します。
今年は東京ガスクリエイターズ創部30周年です。
この記念すべき年にふさわしい結果を残すべく、選手一同気持ちを込めた熱いプレーをお見せしますので、是非会場に足を運んで、応援をお願いします。
今シーズン、私としては試合を決定付けるビッグプレーを常に狙ってまいりますので背番号12に注目してください。
皆様の熱い声援を選手一同お待ちしております。 よろしくお願いします。
201508252229_3-200x0.jpg 201508252229_4-200x0.jpg


201508252229_5-100x0.jpg
 

【歴代主将紹介】cheer 朝倉さゆみ

[30th Anniversary Project] 投稿日時:2015/08/27(木) 13:41

■東京ガスクリエイターズ専属チアリーダー 朝倉さゆみ(2014年)

この度は創立30周年、誠におめでとうございます。
 
大切な古巣クリエイターズ。大きな節目を迎えるその姿は、
クリエイターズに関わった一人ひとりが紡いできた『信頼』という糸が紐になり、
世代を超え力強い結束へと変化しているのを感じさせます。
 
一口に30年と言っても、長い歴史。
しかし、幸運にも私たちが関わった数年はその中でも成長著しく、
また怒涛のリーグ戦を戦い抜いたのではないでしょうか。

時代の波に身を委ね、変化を受け入れ葛藤もあったと思います。
しかしどんな時でもサポーターの皆さまは、私たちの側で見守って下さいました。
その温かいご声援のお陰で、30周年を迎えております。
現状に甘んじることなく自己研鑽し、フットボールを通じて夢と感動を与える。
地域の皆さまとも共に歩み、日本一を目指す。
軸はぶれることなく、必ずや皆さまと共に頂点に立つと信じています。

今後ともクリエイターズにお力をお貸しください!
Let's go CREATORS!!

201508271415_1-270x0.jpg       201508271415_2-270x0.jpg

201508271348_1-70x0.jpg

【歴代主将紹介】cheer 永井理恵子・植松優子

[30th Anniversary Project] 投稿日時:2015/08/27(木) 13:17

 
■クリエイターズ専属チアリーダー 永井理恵子(~2006年)

東京ガスクリエイターズ創部30年おめでとうございます!
私が所属した2000年はまだ2部で観客はほぼ選手のご家族だった頃がとてもなつかしく感じます。
 
一部に昇格してからは、チアも一部リーグのチアとして他チームと合同練習をしたり、
コーチの指導でアメフトチアの基礎から練習しました。
また、ハーフタイムショーも自作ではなく依頼するようになり
思ってもみない構成にメンバーみんなで盛り上がりました。
 
そして、今となっては当然ですがパンフレットの写真も
プロカメラマンに撮影してもらうようになったことも大きな変化のひとつです。
 
クリエイターズチアらしさを探し続けた時期でありましたが、
この時期だからこそのチームを作り上げる楽しさもありました。
 
これからも東京ガスクリエイターズのご活躍を期待しています!

201508271400_1-270x0.jpg      201508271400_2.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
■クリエイターズ専属チアリーダー 植松優子(2010年~2012年)
 
東京ガスクリエイターズ創部30周年おめでとうございます!
私は2010~2012年の3シーズン、チアキャプテンを務めさせていただきました。
 
当時の思い出を振り返ると、毎年必ずといっていいほど土砂降りの試合があり、
サイドラインで使用する音響機材が濡れて壊れないかヒヤヒヤしたものです。
ですが、どんな天候でも観客がゼロの日はなく、スタンドからの声援に、
サイドラインの私達は元気付けられたことも、とても印象深く残っています。
 
Xリーグ各チームのチアリーダーはそれぞれカラーがあり、パフォーマンスのスタイルも様々です。
クリチアは、セクシーだったりキュートだったり、色んな表情を見ることができるのが魅力だと思います。
毎年メンバーは変わりますが、サイドラインを盛り上げ、
観客の皆さんに楽しんでいただけるようパフォーマンスする姿勢は変わりません。
私は今シーズンもスタンドからクリエイターズを応援していきたいと思います。
 
Let's go CREATORS!!

201508271400_3-270x0.jpg       201508271400_4-250x0.jpg


201508271340_1-70x0.jpg

【歴代主将紹介】cheer 古都真希子

[30th Anniversary Project] 投稿日時:2015/08/24(月) 14:30

■クリエイターズ専属チアリーダー 古都真希子(2013)

東京ガスクリエイターズファンの皆様、こんにちは!
2013年度チアキャプテンを勤めさせていただいたまきです。
 
30周年という大きなを迎えたこと、そしてその歴史の中で活動できたことを非常に嬉しく思っています。
皆様の中で、印象に残っているクリエイターズの試合は何ですか?
 
私は2013年、ファーストステージの最後に行われたアサヒビールシルバースター戦です。
上位としてセカンドステージ進出という、大事な一戦。
雨の中、どちらが勝ってもおかしくないほどの熱戦でした。
2点差という状態で迫ってくる時間。
前年のオール三菱ライオンズ戦「残り4秒の大逆転」を思い出し、クリエイターズの逆転を信じましたが、
最後の最後で力及ばず、悔しい思いをしました。
 
雨は強かったけれど、その雨なんてどうでもいいくらい燃えました。
そして選手はもちろん、お客様の皆様も同じ気持ちだったのではないかと感じました。
あのときの会場全体の一体感は忘れることが出来ません。
 
これからも真剣勝負を行う中で、勝利もあれば敗北もあると思います。
どんなときでも選手・お客様・スタッフ・チアリーダーが一体となる。
それこそがクリエイターズの強さにつながっていくのだと思っています。
皆様、どうぞクリエイターズに熱い声援をお願いします。
 
Let’s go Creators!!!!

201508241527_1.jpg  201508241527_2-270x0.jpg


201508241847_1-90x0.jpg

【歴代主将紹介】第8代 来住野 将丈

[30th Anniversary Project] 投稿日時:2015/08/19(水) 09:11

第8代主将:#18QB 来住野 将丈(1998年)

私が主将になったのは、チームが協会に加盟して10年経過し、幸いにも毎年実力のある経験者が入社して、色々なことにチャレンジ出来る体制になった時期でした。
オフェンスとディフェンスで、完全にメニューを分けて練習出来るようになったのも、この時期だったと思います。
主将としてチームのためにまず考えたのは、各選手が主体的にチームに関わっていけるようにするにはどうしたらよいかということでした。
そのためには、各自が果たす役割を大きくすることが大切だと考え、まとまる単位を小さくする、つまりユニット単位で考え、そして動くことに取り組むことにしました。
具体的には、練習前後に毎回ユニットで話し合う時間を設けました。
練習前は、ユニットでメニューを確認し、各自が目的を明確にして練習に取り組むことを意識してもらいました。
そして、練習後は目的どおりの練習成果が出せたか、ユニットで振り返りを行いました。
自分達で目的をもって定めた練習メニューですので、1人1人が想いを持って意見することで、ユニットで次に繋がる建設的な意見を交わすことができたと考えています。
私自身も、QBと主将を両立することで、プレー選択において、よりチームを引っ張ることを意識しました。
結果的に、春には優勝、秋には2部昇格という結果を得られましたが、その後、1度も降格することなく、Xリーグに昇格し、今や上位を狙うチームになっていることに誇りを感じます。
 今秋も、双子の娘のキッズチアと一緒に応援しています!!頑張れクリエイターズ。

201508190917_1-300x0.jpg

201508190917_2-300x0.jpg

201508190917_3-150x0.jpg
<<前へ